音楽プロデューサー 佐藤剛のページ

お知らせ


ミュージック・ソムリエ協会の会長に就任しました

この度、ミュージック・ソムリエ協会の会長に佐藤剛が就任しました。

・ミュージックソムリエ協会会長に佐藤剛氏が就任し、「昭和歌謡2000曲」プロジェクトが発足(OKMusic)
http://okmusic.jp/#!/news/80208

6月14日には新宿文化センターにて「新宿文化」をテーマに、中川五郎さんをゲストに迎えてイベントを開きます。

・Vol.1 新宿西口フォークゲリラ ~1969年の抵抗~
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/shusai/1/


7月1日のイベントレポート

7月1日に北沢タウンホールで催された、せたがや音楽プロジェクト VOL.1「奇跡のジャパニーズ・スタンダードの誕生」のイベントレポートをサイト内に掲載しました。

下記URLより読むことができます。
たくさんの歌い手に歌い継がれて55年、今が一番輝きを放っている「黄昏のビギン」


『「黄昏のビギン」の物語』のKindleストアでの配信がスタート

『「黄昏のビギン」の物語』が電子書籍版としてKindleストアでの配信がスタートしました。無料の立ち読み版では第一章・ちあきなおみの「黄昏のビギン」の第一項「流行歌をスタンダードとしてよみがえらせる試み」を読むことができます。

「黄昏のビギン」の物語: 奇跡のジャパニーズ・スタンダードはいかにして生まれたか (小学館新書)

「黄昏のビギン」の物語: 奇跡のジャパニーズ・スタンダードはいかにして生まれたか (小学館新書)


せたがや音楽プロジェクト VOL.1
フォーラム「奇跡のジャパニーズ・スタンダードの誕生」

せたがや音楽プロジェクト VOL.1 フォーラム

「世田谷に縁のある音楽家たちの手で、音楽文化を世界へ発信」をテーマに掲げた、『せたがや音楽プロジェクト』が4月より始動しました。
その第1回フォーラムが7月1日(火)に下北沢の北沢タウンホールで開催されます。テーマは「黄昏のビギン」です。
ゲストにヴァイオリニストの柴田奈穂さん、「黄昏のビギン」発表当時を知るNHK OBの下川純弘さんらを迎え、奇跡のスタンダード・ソングの生命力を語ります。
入場無料ですので、ふるってご参加ください。

せたがや音楽プロジェクト VOL.1
フォーラム「奇跡のジャパニーズ・スタンダードの誕生」

日時 2014年7月1日(火)・18時30分 開演(18時開場)
会場 北沢タウンホール(世田谷区北沢2-8-18)
出演 佐藤剛(プロデューサー・作家)
ゲスト 柴田奈穂(ヴァイオリン)、下川純弘(NHK-OB・『夢であいましょう』スタッフ)、ほか

入場無料

お問合せ=せたがや音楽プロジェクト事務局 03-5432-1535 (公財)せたがや文化財団 音楽事業部内

主催:せたがや音楽プロジェクト
共催:(公財)せたがや文化財団 音楽事業部、世田谷区
後援:世田谷区教育委員会


6/8 音楽バラエティー『夢であいましょう』を開催

6月8日に東京国際フォーラムで音楽バラエティー『夢であいましょう』が開催されます。

【出演】永 六輔/黒柳徹子/坂本スミ子/梓みちよ/ジェリー藤尾/田辺靖雄/九重佑三子/松島トモ子/前田憲男(Pf)/他

【開催日】2014年6月8日(日)
【開場時間】15:30
【開演時間】16:00
【場所】東京国際フォーラム ホールC
【お問い合わせ】ディスクガレージ 050-5533-0888

【主催】TBSラジオ
【企画・制作】八大コーポレーション
【企画・制作協力】ファイブディー・ラボ、アンクル・キュウ
【運営協力】ディスクガレージ
【後援】ユニバーサルミュージック

音楽バラエティー『夢であいましょう』|イベントナビゲーター|TBS RADIO 954kHz:


小学館新書より「黄昏のビギンの物語」を出版

tasogarenobigin

佐藤剛の著書「黄昏のビギンの物語 奇跡のジャパニーズ・スタンダードはいかにして生まれたか」が6月2日に小学館新書より出版されます。

<以下引用>

奇跡のスタンダードはこうして誕生した!

 直近では歌手活動を再開した薬師丸ひろ子がカヴァーして話題となった「黄昏のビギン」。1959年に映画の挿入歌としてワンコーラスだけ作られたこの曲は、当時の人気歌手・水原弘のレコードB面となって命を吹き込まれ、その後32年の時を経て歌手・ちあきなおみがレパートリーに加えたことで再発見されました。
 さらにCM等で使用されるうちに人々の耳朶に届き、アン・サリー、石川さゆり、稲垣潤一、岩崎宏美、小野リサ、木村充揮、さだまさし、中森明菜・・・・・・と個性も実力もあるシンガーたちにカヴァーされて、日本のスタンダードとして定着しました。
 この軌跡を克明に追いかけ、なぜこの曲が人々に愛されるに至ったかを解明し、日本人の心性に迫るノンフィクションです。

「黄昏のビギンの物語」書籍情報(小学館)
※冒頭12ページをためし読みできます。