音楽プロデューサー 佐藤剛のページ

略歴

佐藤剛(さとうごう)

1952年 岩手県盛岡市生まれ、幼稚園から高校までを仙台で過ごす profile

(撮影 / Arisa Kasai)

1974年 明治大学文学部演劇科卒業、音楽業界誌の『ミュージック・ラボ』で3年間、営業と編集に携わる
1977年 シンコーミュージックで甲斐バンドのマネージャーを担当、後に独立
1982年 株式会社ファイブ・ディー設立。ザ・ブーム,宮沢和史,ZELDA,喜納昌吉&チャンプルーズ,ザ・プライベーツ,ヒートウェイヴ,小野リサ,中村一義,100s,SUPER BUTTER DOG,ハナレグミ等のプロデュースを行う
1993年 「RCサクセションの子供たち」を皮切りに、 音楽制作者連盟のin thecityや、TOKYO FMアースコンシャス・コンサート、 現在継続中の「soul of どんと」などのイベントもプロデュース。
2004年 日本のロック、ポップス、ニューミュージックと呼ばれる音楽の価値を再認識し、長く伝えられるであろう歌、伝えたい歌、残っていく歌を 日本の文化的な財産として捉えようと、J-Standardという概念を提唱レコードメーカー5社から同時発売の、全75曲のコンピレーション・アルバム『J-Standard』をリリースし、ラジオの構成/番組出演など、「J-Standard」のさまざまな企画を行なう
2005年 12月には、日本の歌の源流となる先達の音楽にスポットをあてる「Sing with TORIRO 三木鶏郎
と異才たち~日本のポップスの源流・三木鶏郎と、J-スタンダードの新しい夜明け~」を
銀座博品館劇場にて開催
2007年 中村中主演舞台「牡丹燈籠」をプロデュース、パリ公演を成功させる
2008年 株式会社ファイブディー・ラボ設立、独立してソロでのプロデュース業をスタートする

現在も「日本の音楽を世界に」を目指してフリーランスで活動中


Musicman-NET「Musicman’s リレー 第53回 佐藤剛」

Musicman-NET「スペシャル・インタビュー 佐藤剛」

ツイッター gosan5553

facebook 佐藤剛

ウィキペディア 佐藤剛 (音楽プロデューサー)